低料金と判断する条件

探偵の調査料金は高いというのが一般的な認識です。
しかし、探偵すべてが同じ料金で調査をしているわけではなく、探偵によって調査にかかる費用に違いがあります。

たとえば、浮気調査にかかる料金相場は30万円から60万円程度です。
料金の安い場合と高い場合の金額差が30万円もあることがこれを見ただけでわかっていただけたと思います。

この例から、探偵の調査料金は業者によって料金差が大きいということが見て取れます。
その理由には、探偵事務所ごとに調査員一人あたりの設定金額が違ったり、諸経費の金額が違うことで、これだけの差が生じてしまうのです。

低料金の調査を望む場合には、この金額差が生じる条件を事前に知っておき、依頼をする探偵事務所を選ぶ必要があります。

その条件とういうのが、下記の5つになります。

1.調査それぞれの定価(相場)を調べる
料金相場を調べて、基準となる金額をそれぞれの調査内容でチェックをしておき、業者ごとの料金を比較するようにします。

2.低料金で調査ができる理由
料金の安さだけで調査の依頼をするのではなく、低料金で調査ができる具体的な理由について説明をしてくれる業者を選ぶ。

3.追加料金発生のタイミング
追加料金は調査時間を延長した場合、どれぐらいの時間でいくらの料金が発生するのかを調べておきましょう。追加料金が高額だったり、追加料金が発生する時間を知っておけば、無駄なコストを負う必要が無くなります。

4.諸経費の取扱(諸経費の種類)
調査にかかる諸経費の金額は、業者によって違います。同じ「燃料費」でも5000円のところもあれば1万円のところもあるので注意してください。

5.料金と調査力の関係
料金ばかりに注目してしまいますが、料金が安くでも調査能力が低いと無駄な調査が増えてしまい、結果的に高い調査料金を支払うことになってしまいます。
料金と調査力が均等である探偵を探すことが大事です。

この5つの条件すべてに合致する探偵事務所を見つけるのには時間がかかりますし、依頼をするお客様によって求める条件に若干の違いもあります。
そのため、ここで紹介した5つの条件すべてに合致する探偵を探すのではなく、お客様が重要と判断する条件を2つか3つ程ピックアップすれば、探偵選びにかかる時間も短くすることができます。

当社は、同業他社様と比較しても低料金で浮気調査など各種調査をおこなっております。
調査力と低料金という2つの条件を満たした高度な調査をお求めのお客様は、当社ホームページの料金表、またはメールや電話にて無料の相談サービスをご利用いただき、お気軽にご質問ください。