埼玉で浮気調査を依頼するときに必要な料金の基本

浮気調査の料金は、どのように決まるのでしょうか?

探偵に関する調査は、「調査を頼んだことがある」「料金はこれくらいだった」と世間話や情報交換の場であまり出てくることはありません。
また、探偵の調査料金は、一般的に流通している商品やサービスのように、高ければ高いほどプレミア感のある、よい調査を行うかというとそうとは限らず、また安すぎれば、何らかの安すぎる理由があると思った方がよいです。

近年、料金設定を公開している探偵や興信所サイトも多くなり、比較検討するのが便利になっています。
ここでは、料金やプランを比較する際にチェックしてほしいポイントを紹介したいと思います。

調査料金に含まれるもの
探偵社の調査料金は、基本的に『調査を行う調査員の人数×稼働時間』のみを指していことが多いようです。

しかし調査を行うには、実費と言われるガソリン代や高速代、証拠撮影に使われる機材料金や報告書作成料など、調査員が調査や報告を行う実費料金が必要となります。この実費は、調査料金とは別にされていることが多く、料金表では安かったのに、いざ最終的な見積もりとなると実費が加算されて、考えてもいなかった額になることも実際にあるようです。

しかし、全ての探偵や興信所が、調査料金だけを表示しているわけではありません。最初から全ての料金を時間単位でパッケージにした、パック料金制などを導入している場合もあります。

ですから、表示されている料金表に一体どのような費用が含まれているのか確認し、依頼先を選定することが重要です。

延長料金について
パックや事前に調査時間の取り決めを行い調査依頼を行っていても、調査の進行状況によっては延長した方がいい場合が出て来ることがあります。

例えば、対象者を尾行中、契約している時間が過ぎそうだけれど、少し延長すれば浮気の証拠が取れそうな状況。
もちろん、そんな時は依頼者に延長するかどうか確認するのは当然ですが、延長時間、延長料金の設定は様々です。

1〜2時間区切りで延長料金を設定している場合や30分区切りで延長料金を設定している場合があり、20分程度の延長が行われた場合、数千〜数万円単位の延長料金の差が出てくることになります。
費用がかさむことに不安を感じるのであれば、事前に延長に対する時間の区切りをチェックしておくことも大切です。

浮気調査終了後のアフターフォロー
探偵社によっては、浮気調査終了後に、離婚に関連する相談やアドバイスを、無料で行ってくれる場合があります。
浮気調査の結果から、対策を講じたり、離婚を考えたりすることと思います。そんな時、必要に応じて、経験や知識からアドバイスを行ってくれる探偵社があります。

浮気調査の料金プランや料金設定は、探偵各社により多岐にわたります。
無料のメール相談や電話相談を使って調査料金の概算を出してもらえば、プランの内容把握や他社との料金比較に有効です。