浮気調査で何がわかる?浮気の証拠がもっとも重要

テレビなどの影響で、普段の生活の中に意外にも浸透している浮気調査という言葉。
あなたも、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

一般的に浸透している浮気調査とは、「配偶者の浮気の事実確認」を意味し、つまりは「浮気現場の証拠写真を撮る」ことを差します。

日常生活の中で、パートナーに浮気の気配を感じた時、思い浮かぶのは、浮気調査ではないでしょうか。

また、友人に旦那様や奥様の怪しい行動について相談したら、「浮気調査してみたら。」と言われることがあるかもしれません。

実際、調査の依頼で最も多いのが、浮気をしているのは確実で、「その証拠を押さえてほしい」というものです。

その用途は、離婚の話し合いを有利に進める為の切り札である場合が多く、この証拠の有る無しによって、慰謝料等に大きな差が出ると言われています。

浮気しているのはわかっているのだけれど、相手がどこの誰だかはわからない。
相手に慰謝料請求を考えているので、素性や勤務先など詳細情報を知りたい。
離婚の手続きをする上で知っておきたい。

これらの事柄は、証拠取得後調査を続行し、調べることができます。
近年、職場や交友関係など身近な環境での浮気だけでなく、インターネットでの出会いも増えています。そのような場合、証拠取得だけでなく、詳細情報の調査を行うことは、
とても有効であると言えるでしょう。

浮気調査と一口で言っても、依頼内容によって調査の内容は変化します。
知っておきたい、後々必要だと思うことが調査の内容に結びつきます。

例えば、浮気相手の元にはしり、家を出てしまった。今どこに住んでいるのかわからない。
そんなパートナーの所在を調べることも、浮気調査には当てはまります。

「こんな事、調査できるのだろうか。」と思っていることでも、一度、無料のメール相談や電話相談を利用し、調査が可能かどうか、問い合わせてみてもいいかもしれません。